相続財産を一人に継がせる

遺言で自由に相続させることが出来ると言っても、遺留分があるので難しい。そんな時に使える方法

自分が亡くなってからの事を考えて、法定相続分ではなく遺言で分与を指定したいと考えた時、遺留分が気になります。そこで、次のような例を考えてみましょう。
“相続財産を一人に継がせる” の詳細は »

相続において親権者が代理人になれるのか

親権者が代理人となって、共同相続人である未成年者の子供の遺産分割協議することはできるのか

遺産分割協議は、相続人全員が参加して協議しなければなりません。しかし、相続人の内、未成年者がいた場合でもその協議に参加するのでしょうか。
“相続において親権者が代理人になれるのか” の詳細は »

貸金債権の相続におけるトラブル

貸金債権を相続したが、回収不履行となり損失が出てしまった時、その分を他の相続人から埋め合わせしてもらえるのでしょうか。

兄が亡くなり、遺産を相続人2人で分割することになりました。相続財産の内容は時価1000万円のマンションと、500万円の預金、500万円の貸金債権がありました。被相続人の妻には今後の生活もあるからと、マンションと預金を相続してもらい、私自身は貸金債権のみを相続しました
“貸金債権の相続におけるトラブル” の詳細は »

行方不明の相続人がいたとき

相続が開始され、相続人のうち行方不明となっている人がいた場合はどのように対処したらいいでしょうか

家族がなくなり、相続人の調査をしてみると、知らなかった異母兄弟がいたり、存在を知っていても長年音信不通で行方不明になったりしている相続人がいる場合があります。
“行方不明の相続人がいたとき” の詳細は »

平成に入ってからの権利の相続

事業の商号や、特許などの権利を相続する時の注意点

相続財産は不動産のように目に見える物だけではありません。何らかの権利を相続するという事もあるのです。
“平成に入ってからの権利の相続” の詳細は »